イベントや新商品などの耳寄り情報

633c9166 90e6 4538 b335 a965320c2662

届いたお花を元気に咲かせるには?受け取ったお花のお手入れ法

だんだんと気温が上がってきて、
今年も夏が近づいてきたのを感じます。

生花は繊細で、
気温の変化の影響を受けやすいものです。
夏でもお花を綺麗に楽しんでいただくために、
届いたお花のお手入れ方法をご紹介します♪
お花に元気がないな、
と思った時にはぜひお試しください。

2019年06月14日
Bloomee Style 編集部

大切なお花のお手入れ「水揚げ」とは?

お花も人間と同じで、気温が上昇すると、
秋や冬に比べてお水がたくさん必要になります。
Bloomee LIFEでも、お花をお届けするために
保水をしっかりと行っています。



それでも高い気温の中では、 届くまでの間にお花が少し疲れてしまうことも。
しかし、お受けとりいただいてすぐに、
「水揚げ」のお手入れをしていただくことで、
次の日には、こんなに元気に咲いてくれるんです!

簡単3STEP!「水揚げ」の方法

水揚げの手順はとてもシンプル!
いくつかの注意を守りながら、茎を切ってお花を
水に挿すだけで、簡単に行うことができます。
この単純なひと工夫で、
夏でもお花は元気に咲いてくれます♪

1.まずは綺麗に洗い流し、下葉を取る

保水ゼリーの入ったビニールやゴムを外し、
茎を丁寧に洗い流します。
さらに、お花を飾る時に水についてしまうような位置に
ある葉っぱ(下葉)を取り除きます。

水についた葉がお水を汚してしまうことを防ぎつつ、
余分な葉を取ることでお花に栄養が行き渡りやすくなります。



2.茎を斜めに切り、水を吸いやすくする

切り口の面積を広げて水を吸いやすくするために、
茎の先端を斜めに切ります。
多めに水を張ったボウルなどを用意して、
その中で茎を切る「水切り」が一番良い方法です。



忙しい方は空切りでもOK!

空中でそのまま切り落とす方法、 「空切り」は、よりお手軽な方法です。
茎の先2~3cmを、斜めにスパッと切りましょう。
水切りでも同様です。

3.延命剤を入れたお水に挿して飾る

Bloomee LIFEのお花と一緒に届く、
小さな袋に入っている延命剤。
150mlのお水に対して延命剤を一袋投入して、
あとはお花を飾るだけ。
延命剤を入れた場合は、
5日程度はお水替えしなくても大丈夫です!

お花は、切花になると、
自分で栄養を作り出すことができなくなります。
延命剤は、「切花への栄養補給」と
「花瓶の中の水を綺麗に保ち、吸水を助ける」という
2つの働きでお花を綺麗に咲かせてくれます。



4.【上級編】日々のお手入れも肝心

お水に挿した茎の先端を清潔に保つため、
飾ったお花をさらに短く切って
お手入れすることを「切り戻し」と言います。
切り戻しの際には先端から1~2cmを斜めに切ります。
この時にも「水切り」が理想ですが、
「空切り」なら手軽に行うことができます。
また、お水も濁っていると感じたら替えどきです。


気温の上昇はお花の水分の消費に影響しますが、
届いてすぐのお手入れひとつで、
綺麗に咲いてくれます。

お世話にも一手間かけつつ、
ぜひ夏も私たちと一緒に
お花のある暮らしを楽しんでいただけたら嬉しいです♪