フラワーショップや気になるあの人の
「スタイル」に迫るインタビュー

63beabe6 8750 4f94 a6f8 4ef88494fe2c

おしゃれだけど親しみやすい。独特の世界観が人気の“marmelo”

今回取材したのは、お花の定期便Bloomee LIFEの提携店舗で、女性らしい可愛く繊細な世界観が人気を集めている、“marmelo”。東京都世田谷区、京王井の頭線の池ノ上駅から徒歩5分ほどのところにあるフラワーショップです。
店主の小野寺さんが一人で運営するこの店は、小さいながらもセンスが感じられるセレクトで、旬のちょっと珍しい花も購入できます。
困ったことはマルメロに行けば解決する——そんな花植物の「何でも屋さん」を目指しているという店主の小野寺さん。 “marmelo”でのこだわりや、花への思いを聞いてきました。

2017年07月21日
Bloomee Style 編集部

女性らしい可愛く繊細な世界観が人気の“marmelo”

ふんわりとボリュームがある、女性らしくて愛らしいアレンジメントが好評な“marmelo”。
Bloomee LIFEがきっかけでそのハイセンスなアレンジメントに惚れ込み、直接“marmelo”で買い物をしてくれたお客様も多いそう。

Bloomee LIFEのブーケからも感じ取れる“marmelo”らしさ

Bloomee LIFEのお客様から、花に関する質問やお礼を電話で受けることもあり、そうした店頭以外でのコミュニケーションも「とても楽しい」と話す小野寺さん。
Bloomee LIFEでは、長時間の配送に耐えられる花を選ぶだけでなく、なるべく他の店舗とかぶらない、「“marmelo”らしさ」を感じてもらえるものをチョイスするようにしているそう。
配送の際には、保水剤を使い、花をなるべく綺麗な状態で届けられるように配慮しているところにも、小野寺さんのこだわりを感じます。  

Bloomee LIFEとは

“marmelo”らしさが随所に散りばめられたハイセンスなフラワーショップ

店名となっている“marmelo”は、「カリン」に似た果実の名前です。小野寺さんの誕生花がカリンだったことから、「マルメロ」を知り、店名としました。
1属1種(マルメロ属マルメロ科)である「マルメロ」のように、「“marmelo”らしい」特別な空間や世界観を作り出しているこのフラワーショップ。
そんな“marmelo”の様子をお伝えするとともに、小野寺さんの花に対する思いやBloomee LIFEでの素敵な体験についてもご紹介します。  

大胆かつ繊細で女性らしい可愛さのある小野寺さんのセレクト

穏やかな笑顔が印象的な小野寺さん。店内には、彼女がセレクトした可愛らしい花が、ところせましと並んでいます。
取材に伺ったのは6月。花びらの細いガーベラや、一つ一つの花がとても大きく華やかな白いアジサイ、市場にも少ししか出回らないという品種のバラ「ラ・カンパネラ」など、一輪でも部屋が一気に華やかになる珍しい花もたくさんありました。  

生花だけじゃない…観葉植物や鉢植え、ボトルフラワーなども!

特徴は「観葉植物や園芸、植込み、配達など何でもやるお花屋さん」と小野寺さんが話すように、生花以外にも、スワッグやドライフラワー、ボトルフラワー、鉢植えなど、様々な形の花や植物で彩られています。

「新しいものにもどんどんチャレンジしていきたい」と話す小野寺さん。店のガラス越しに陽の光を浴びて輝く幻想的なボトルフラワーも、小野寺さんが「まずは作ってみよう」と思い立ち、試行錯誤を重ねてできたものです。  

遠方からの参加者も!花と親しむワークショップ

フラワーアレンジメントの講師としても活躍する小野寺さんは、自店を使ったワークショップも行い、季節に応じて様々な花の楽しみ方を提案しています。
フレンドリーな小野寺さんのパーソナリティと、卓越したセンスが感じられるワークショップは、近隣の地域以外からも参加する人も多いそう。
参加者の中には、毎回電車で数時間の距離から通っている人もいるというのだから、驚きです。  

ワークショップでは、フラワーアレンジメントはもちろん、昨年ぐらいから人気を集めているスワッグや、上級者向けのテラリウム、初心者でも可愛いものができると評判のアロマワックスバーなど、たくさんの人に「花」と親しんでもらう機会を創出しています。  

とにかく「お花が好き」と語る小野寺さんの思い

身近に花がある環境で育ち、「お花屋さんは小さいころからの夢だった」という小野寺さん。
専門学校で花のことを勉強したのち、成城や下北沢の花屋で花仕事を経験し、池ノ上で自身の店舗 “marmelo”を開きました。  

「好きだから」楽しい、そして嬉しい

「好きなことを仕事にしているから楽しい」、そして「お花屋さんの仕事をしていて、あまり大変と思ったことがない」と話す小野寺さん。
誰かに花をプレゼントすると、贈られた相手が想像以上に喜んでくれ、贈った本人も幸せな気持ちになります。それにたずさわる小野寺さんも、そんなお客様の姿を見て嬉しい気持ちになるのだそう。  

目指すは「花植物の何でも屋さん」!

困ったことはマルメロに行けば解決する——そんな「花植物の何でも屋さん」を目指しているという小野寺さん。
店頭に並ぶ少し珍しい花の名前や手入れの方法を質問すると、花の魅力を交えながらわかりやすく説明してくださいます。
嬉しそうに花のことを教えてくださる小野寺さんと話していると、たくさんの発見と気づきがあり、本当に花が好きなのが伝わってきます。  

小野寺さんのセンスが反映された女性らしいおしゃれな世界観と、困ったことがあったら気軽に相談できるフランクな雰囲気——その両方を兼ね備えたフラワーショップ、“marmelo”。
“marmelo” の店舗までは少し遠いという人も、 Bloomee LIFEで“marmelo”のブーケを楽しむことができますよ。(関東地区限定)

marmelo (マルメロ)

営業時間: 10:00-19:00

〒155-0032 東京都世田谷区代沢2-36-30 廣井ビル1F

TEL 03-5787-8963

定休日 水曜日

https://www.marmelo-flower.com/