知っていると役立つ!暮らしの豆知識

E0b5aa57 69f3 48fa 875e 7291b377b08a

家事のプロ「CaSy(カジー)」キャストに聞いた!花が映える空間作りのコツ

部屋を綺麗に保つコツは、「生花を飾ること」。例えば、ダイニングテーブルの上に花を飾ると、「花が映えるようにその周りも綺麗にしよう」という気持ちが芽生えます。また、毎日水換えをする時間があると、それが植物を愛でる時間となり、気持ちに余裕が生まれます。 そこで、家事代行「CaSy(カジー)」で活躍中の家事のプロ、キャストの皆さんに、家事代行で花があったときに気をつけていることや、花が映える綺麗な空間を作るためのとっておきアイディアを教えてもらいました。

2017年07月21日
Bloomee Style 編集部

CaSyキャストが花のある家で家事代行をした時気をつけていることは?

最初に、CaSyキャストの皆さんが、花のある家で家事代行をしたときに気をつけていることをご紹介します。
花が映えるスペースや、簡単に真似できる裏技など、プロとして多くの家庭の家事にたずさわってきたからこそわかるポイントが満載です。

花を飾るなら玄関!ポイントはグリーンとの組み合わせ

Miyokoさん(@mk.1010)がシェアした投稿 -

花を飾るスペースで、イチオシは玄関です。一日に家族が何度も通る場所ですし、来客時にも見てもらえます。
また玄関の靴箱の上はつい雑多な物を置いてしまいますが、「ここがお花のスペース!」と決めてしまうと、余計な物を置かない習慣が身に付きます。
ただ、特にマンションの玄関の場合、暗くて生花が長持ちしないことも。アイビー等のグリーンと一輪の花という組み合わせで飾れば、花だけを取り替えることで簡単に雰囲気を変えられます。

洗面所も、お花が鏡に映ってさらに綺麗に見えるのでおすすめです。
キッチンは火を使い暑くなる為、花の持ちが悪いので、避けた方が良いかもしれません。グリーンは、小さな花瓶にさしておくと場所も取りませんし、家事の合間に少し緑があるだけで癒されます。

花瓶はどうやって洗う?専用ブラシ以外の使えるアイディアも

_mizuho___さん(@miiiiiii_y)がシェアした投稿 -

花瓶は、グラスなどと違って口の部分が細いものが多く、洗いにくいと感じている人も多いのではないでしょうか。
花瓶を洗う際は、スポンジや瓶洗い用のブラシで優しく洗うと良いでしょう。汚れた花瓶にお湯を入れ、ハイターを入れておけば、汚れが取れて綺麗になります。一輪挿しのような口の細い花瓶の洗浄には、やかんの注ぎ口洗い用ブラシが役立ちます。

CaSyのキャストが伝授!花が映える綺麗なインテリアの作り方

花が映えるのは、すっきりと綺麗に片付いた部屋。特に、先ほど花を飾る場所としておすすめされていた「玄関」の清掃方法なども気になるところです。そこで、CaSyスタッフの皆さんに教えてもらった、短時間で花が映える綺麗な空間を作るための、とっておきアイディアを教えてもらいました。

花をよく飾る食卓のテーブルを簡単に綺麗にする技やおすすめグッズ

nutsさんさん(@nuts_icube)がシェアした投稿 -

ダイニングテーブルを綺麗な状態で保つためには、汚れを見つけたら直ぐに拭くようにしましょう。濡らした台拭きで拭いて、仕上げは乾いた布で乾拭きをします。乾拭きに使うものでおすすめはマイクロファイバーです。
カピカピになってしまった汚れは、マイペットなどをスプレーして少し時間をおいてから拭きますが、天然木のテーブルは水拭きのみにするようにしてください。テーブルの素材によって拭き方が異なるので、注意しましょう。
また、花瓶の下には、センタークロスなどを敷くようにすると、テーブルに花瓶の跡が付きません。古い帯を、テーブルの中央に、サイドが垂れるくらいに敷くのも素敵です。

花を飾ると良いと言われている玄関。おすすめの収納方法やにおい対策は?

Minaさん(@ash_oops.37)がシェアした投稿 -

まず、靴を出して、靴箱の扉を開けて換気します。そして、靴箱内に除湿シートを貼ります。貼る場所は、「棚の裏側」がおすすめです。
棚の上に貼ると、靴の出し入れをするうちに剥がれたり汚れたりしてしまいますが、裏側に貼れば邪魔になりません。
靴には、除湿&消臭効果のある重曹をお茶のパックに詰め、さらに小袋や履かなくなった靴下などに入れたものを入れておくと、靴専用の消臭剤を買わなくても、におい対策になります。
乾きにくいスニーカーを洗うのは大変ですが、中敷きには汗がしみこんでいるので、中敷きだけはこまめに洗うようにしましょう。

鏡を綺麗にして、花の存在感をよりアップ

Namiさん(@nami0015)がシェアした投稿 -

花を鏡のそばに置くと、花が鏡に映りこむので、花の存在感がよりアップします。
鏡は、なるべく毎日拭くようにすることが、綺麗を維持するためのポイントです。マイクロファイバークロスを熱いお湯で濡らしてしぼり、仕上げに乾いたマイクロファイバークロスで乾拭きすると、糸くずなども残らず透明感のある鏡になります。
また、鏡は、綺麗になったと思っても、角度を変えて見ると汚れがあることが多いもの。いくつかの角度から汚れがないか確認し、磨きあげるようにすると、よりピカピカになります。

CaSyキャストならではの技、今日から実践できるものばかり!

多くの家で家事代行をしているCaSyキャストの皆さんに聞いたことをご紹介しました。専用のグッズを買わなくても、家にあるものを使って今日から実践することができるものばかりです。
花を飾るといつもの暮らしがパッと明るくなりますが、その周りが綺麗に掃除されていると、より家での生活が心地の良いものになりますね。
これからも、Bloomee Styleでは、一工夫で日々の暮らしをより豊かにするコツをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

CaSyホームページ