イベントや新商品などの耳寄り情報

Fbf40aa9 8c48 462c b08a efff94405bea

2017年最新!編集部厳選、羽田空港で購入できるおしゃれでプレミアムなお土産

もうすぐお盆休み。帰省や旅行などで、羽田空港を利用される方も多いのではないでしょうか。羽田空港に訪れたからには、ぜひとも購入したいのが羽田空港限定スイーツ。帰省の手土産としてだけでなく、「限定」という特別感から、自分へのご褒美として購入する人もいるのだとか。
そこで今回は、羽田空港限定スイーツの中でもワンランク上のプレミアムな一品をご紹介します。帰省の際の手土産を決めていない人、必見です。

2017年08月10日
Bloomee Style 編集部

羽田空港で購入できるプレミアムな手土産をご紹介

羽田空港限定スイーツは、銘店と呼ばれる店からも数多く販売されています。
古くから愛され、多くの人を虜にしてきた銘店のお菓子たち。羽田空港では、銘店ならではの伝統とおもてなしの心が生んだ新しいお菓子と出合うことができます。
Bloomee Style編集部で厳選した羽田空港限定スイーツで、ぜひ貴重な食体験を。

「ふわっもちっうまっ」三拍子揃ったどら焼き「羽雲」(はねぐも)

滋賀県の名店・叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん)が、和菓子屋では初となる日本空港ビルデング株式会社との共同開発によって生み出したのが、ふわもちどら焼きの「羽雲」(はねぐも)。丹念に炊き上げた自慢の北海道産小豆のつぶ餡が、ふわふわもちもち新食感の生地でやさしく包まれています。
“どら焼き”と聞くと重たいイメージがありますが、「羽雲」の生地はまるで雲のよう。軽やかな口当たりで、ついつい2つ、3つ…と手が伸びてしまう美味しさです。
第1旅客ターミナルの特選和菓子館、ピア4、第2旅客ターミナルの東京食賓館、SMILE TOKYOのほか、出発ゲートラウンジ内のピア、国際線旅客ターミナル4階のEdo食賓館(時代館)でも購入することができます。

購入できる場所
【国内線第1旅客ターミナル2階】
・特選和菓子館・ピア4他
【国内線第2旅客ターミナル2階】
・東京食賓館(時計台1番前)
・東京食賓館(時計台3番前) 
・SMILE TOKYO他
【国際線旅客ターミナル4階】
・Edo 食賓館(時代館) 

詳細はこちら

売り切れ必至!ここでしか手に入らない幻の「ひこうきプリン」

パステルといえば、なめらかプリンでお馴染み。「ひこうきプリン」は、なめらかプリンの上にホイップクリームを重ねたもので、ココアパウダーで可愛い飛行機が描かれています。

さらにはプリンの層にご注目。なめらかプリンは製法により3層構造となっており、違った口当たりが楽しめることはご存知でしょうか?「ひこうきプリン」はたっぷりのホイップクリームが乗せられているため、4層構造になっています。その特別感たるや他に類を見ない程のものがありますが、更には毎週金、土、日の3日間限定販売ということもあり、売り切れ必至の商品となっています。購入できたあかつきには、ぜひ時間もたっぷりとかけて味わいたい一品ですね。
第1旅客ターミナルの特選和菓子館、第2旅客ターミナルの東京食賓館(時計台3番前)で購入することができます。

購入できる場所
【国内線第1旅客ターミナル2階】
・特選洋菓子館
【国内線第2旅客ターミナル2階】
・東京食賓館(時計台3番前)

みやげ話にも花が咲く!?東京土産に「お絵かきマカロン」

ウェディングケーキが代名詞のアニバーサリー。「1年365日を記念日に」というコンセプトのもと創り出される焼菓子が、高い人気を集めているブランドです。
羽田空港限定「お絵かきマカロン」にはロゴの他に飛行機やカエル、上野のパンダ、東京スカイツリーなどが描かれ、東京観光をイメージさせます。カエルには、旅先から無事に“カエル”との願いが込められているそうですよ。見た目もとても可愛らしいので、おしゃべりにも花が咲きそうです。
味はバニラ、フランボワーズ、ピスタチオ、チョコレート、オレンジの5種類。生地はしっかりと焼き上げられており、日持ちするのも嬉しいです。
こちらは第1旅客ターミナルのピア1、第2旅客ターミナル出発ロビーのSMILE TOKYOで購入することができます。ぜひ羽田空港を訪れた記念に購入したいですね。

購入できる場所
【国内線第1旅客ターミナル2階】
・ピア1
【国内線第2旅客ターミナル2階】
・SMILE TOKYO

日本茶でも、紅茶でも。一緒にいかが?「東京La茶々」

dano(ダノ)は創作菓子の銘店・廣尾瓢月堂が「独創的で懐かしく、味わい深い焦げ菓子」をコンセプトに展開しているブランド。スイーツ界の重鎮、ムッシュ・マキノ氏が完全プロデュースをしています。
羽田空港の限定商品「東京La茶々」は、練乳の入ったなめらかな小倉クリームをふわふわの抹茶ケーキでサンドしたブッセタイプの創作菓子です。
練乳と小倉あんの絶妙なバランスが、抹茶の味わいもより豊かにしています。冷やして食べてもおいしくいただくことができるそう。
創作菓子店ならではの発想で、日本茶とも紅茶とも相性がよく、老若男女問わず、送る相手を選ばないのもありがたいですね。目を引く鮮やかなパッケージは女性に喜ばれそうです。こちらは第1旅客ターミナルのピア1、東京食賓館(Eゲート前)にて購入することができます。

購入できる場所
【国内線第1旅客ターミナル2階】
・ピア1
・東京食賓館(Eゲート前)

旅行の計画だけでなく、手土産の計画も忘れずに

お土産選びはセンスが試されるもの。せっかくなら美味しくてかつ特別感のある手土産を選びたいですね。
かといってその場で選ぶのは至難の技です。羽田空港には限定スイーツがたくさんあります。飛行機の時間などを気にしながらお土産を買う場合がほとんどなので、迷うことなくスムーズに手土産を選ぶことができれば、旅の心構えにも余裕が生まれるのではないでしょうか。そのためにも、旅行の計画とあわせて、手土産も事前にチェックしてから出発するのがベター。新しさの中にあってこそ光る、伝統に裏打ちされた味わいをぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。